神戸市垂水区にあります、一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科・インプラント「あかまつ歯科クリニック」です。

インプラントとは

  • HOME »
  • インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。
心臓のペースメーカー、人工関節、美容成形の目的で体内に埋め込むシリコン材料等は、いずれもインプラントです。歯が無くなった場合に、顎骨に埋め込む人工歯根もインプラントの一つであり、正確には歯科インプラント(デンタルインプラント)と呼称されます。しかし一般的には、歯科インプラントの意味で「インプラント」という言葉が用いられることが多いので、以下インプラントという言葉を使用します。日本口腔インプラント学会HPより抜粋

インプラントの歴史

ヨーロッパでは上顎に鉄製のインプラントが埋まっている紀元3世紀頃のローマ時代の人骨が発見されています。また、中南米では下顎に貝で作られたインプラントが埋まっている紀元7世紀頃の人骨が発見されています。
このように、インプラントの歴史はとても古いのですが、確実な治療法になったのは比較的最近です。1952年に金属のチタンを骨の中に埋めると骨と結合する現象が発見され、1965年にスクリュー形状(ネジのような形状)のチタン製のインプラントの臨床応用が開始されました。骨と結合するインプラントの登場によって、インプラントの臨床成績は著しく向上しました。
このように骨と結合するインプラントの臨床結果が優れていることが世界的に知られるようになったのは、1980年代になってからです。その後、インプラントには様々な改良が加えられ、臨床成績がさらに向上しています。日本口腔インプラント学会HPより抜粋

インプラント治療とは

う蝕(むし歯)や歯周病によって、また外傷によって歯を失うことがあります。またヒトによっては先天的に歯が無い場合があります。そのような歯が無い部位の顎の骨にインプラントを埋め、そのインプラントに歯(義歯、セラミック冠、ブリッジなど)を付ける治療方法がインプラント治療です。インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

一本歯が無い場合のインプラント治療
上の顎に全く歯が無い場合のインプラント治療

インプラントの材料は?

咬合力に耐えられる強度があり、生体親和性が高く、骨との結合することから、現在インプラント材料としては、主にチタンあるいはチタン合金が使用されています。インプラントと骨との結合を促進する目的で、インプラント表面を様々に改変したインプラントが多く用いられています。日本口腔インプラント学会HPより抜粋

インプラントの構造

骨の中に埋める部分をインプラント体、インプラント体と義歯の間の部品をアバットメントと呼びます。一般的にアバットメントはスクリューでインプラント体に固定されています。

<< 図 >>
インプラントとその上に付ける義歯の構造 骨の中に埋める部分をインプラント(a)、インプラントと義歯の間の部品をアバットメント(b)と呼びます。
一般的にアバットメントはスクリュー(c)でインプラント体に固定されています。この図のように、アバットメントの上にセメントを用いて義歯(この図の場合は冠、d)を付ける場合と、スクリューで義歯をアバットメントに、あるいはスクリューで義歯をインプラント体に付ける場合があります。日本口腔インプラント学会HPより抜粋

安心・安全・正確 ーサージカルガイド手術ー


©Nobel Biocare

ノーベルバイオケア社のノーベルガイドシステムによる3D画像診断と治療計画立案により、最終的な補綴物をイメージしたインプラント埋入が実現できるようになりました。

 


©Nobel Biocare

コンピューター上でのシュミレーション通りにインプラントを安心安全かつ正確に埋入できます。

 


©Nobel Biocare

顎骨内の神経管や上顎洞のイメージ抽出によりリスクを回避し、場合により歯茎を切らないインプラント治療も実現できます。

インプラント以外の治療

歯が無くなった場合、歯を無くした部位にもよりますが、咬めない、喋りにくい、みっともないといった不具合が起きます。
その不具合の解決方法として、取り外し可能な義歯による治療(図1)、ブリッジによる治療(図2)、インプラント治療(図3)が考えられます。

その他には、歯が無い部位に口の中の他の歯を移植する歯の移植による治療も考えられます。それぞれの治療法には利点と欠点があります。どの治療方法を選択するかは、慎重に決める必要があります。歯科医師の説明を良く聞いて、不明な点については遠慮されずに質問してください。

取り外し可能な義歯による治療
ブリッジによる治療
インプラント治療

インプラント料金表 (税別)

CT撮影・診断料 10,000円
ステント作製・精密診断 20,000円
サージカルガイド作成 50,000円
1次手術 300,000円
2次手術 上記に含む
GBR(骨再生療法) 100,000円
上部構造補綴物(セラミッククラウンの場合) 100,000円

診療時間

診療時間
  9:00~13:00
15:00~19:00

※最終受付18:30
休診日:木曜、日曜、祝日(矯正診療日は木曜日診療します)

クリニックのご案内

〒655-0051
兵庫県神戸市垂水区舞多聞西1丁目27-19

神戸市営地下鉄「学園都市」から、161番バスにて「舞多聞西5丁目」「学園南公園前」下車して徒歩3分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:078-754-6174

駐車場3台あり
バリアフリースロープあり

初診の方専用予約サイトへ

スタッフ募集 求人情報

診療理念はこちら

当院の考える予防はこちら

リスク診断・評価システムはこちら

妊娠中からむし歯予防はこちら

院長のきまぐれ日記はこちら

インフォメーション

診療時間

診療時間
  9:00~13:00
15:00~19:00

※最終受付18:30

休診日

木曜、日曜、祝日
(矯正診療日は木曜日診療します)

アクセス

所在地

〒655-0051
兵庫県神戸市垂水区舞多聞西
1-27-19

電 話

TEL:078-754-6174

各種クレジット取り扱い

当院では自由診療のお支払いに各種カードがご利用いただけます。VISA Master Card JCB AMERICAN EXPRESS※取り扱いカードに変更がある場合がございます。どうぞご了承下さい。

ぜひ友達登録を!

あかまつ歯科クリニックlineあかまつ歯科クリニックLINE   あかまつ歯科クリニックLINE

あかまつ歯科クリニックfacebookあかまつ歯科クリニックFacebookページ

お得なお知らせや、役にたつ歯の知識を配信します!
Copyright © 2017 あかまつ歯科クリニック All Rights Reserved.